忍者ブログ

だいなまいと。

コウタイ・クラウンテールベタ・小型カラシンの飼育をしているアクア初心者です。 デザインはまだ調整中なので、見辛かったらごめんなさいね。

紅茶についての私見。

職場に持ち込む飲み物は紅茶のもにんです。職場へ持ち込む飲料について、一時期にツイッターや知恵袋で変な話題になりましたが、私の職場では新発売のソーダとか清涼飲料に関して同僚や上司が会話する程度にゆるいので、家で紅茶を煮出して魔法瓶に入れていきます。今回はその紅茶についての自分なりの見解を。


 
(フランスの紅茶Montagne Bleue。ルバーブとベリーのフレーバーティー)

基本的に私は通ではないです。というか通を名乗れるほどこだわるつもりはないです。ただ、何かを飲む時は紅茶を飲むのが好きです。ブランドに関しては特別こだわっていることはないですが、一番飲むブランドはルピシアです。理由はパックごとの量がそこそこ多くて、シンプルで飲みやすいからです。
私が紅茶を飲むのは、カフェイン入りの飲料では一番効くためです。もともとカフェインに強くないのか、コーヒーは飲みすぎると手が震えます。紅茶も1ポットぶん以上飲むと同じ症状が出ます。ただ、原稿作業が切羽詰まってる時や、夜更かし作業が必要な時、目を覚ますのに一番飲めるのが紅茶です。個人的にコーヒーよりは淹れやすいかなと。なおエナジードリンク系は、味が、その、苦手です。
あと甘いものが好きなので、合わせて飲みやすいですね。ウエハースとかチョコレートとか、つまみながら紅茶を飲むのが好きです。あまり香りが強くないので、食べる時に邪魔にならないんですよね。かといって水だと物足りないです。結論としては、絵を描いたりする時の作業のお供を探した結果行き着いたのが紅茶でした。


んで、紅茶ってティーパックとリーフティーがありますが、個人的にはリーフティーのが好きです。これから茶を煮出す時に葉っぱを見るのが好きなんです。あと、透明なポットで淹れると、お湯を注いだ時に葉っぱが踊るのが楽しいんですよね。他にも、茶葉によっては特徴があるのが好きです。

さっきの紅茶の茶葉とかこんな感じ。青い花が入っています。トワイニングではレディグレイに同じような花が入っていますね。
ティーパックだと茶葉が細かく砕かれていたりするのでうまく見えないんですよね。なのでリーフのが、多少手間ですが好きです。丁寧な人だと「リーフのが葉が綺麗に開いて雑味や渋みが出ない」と言うんでしょうけど、私は「そんな気もするなー」という程度の舌なので、ビジュアル的な楽しさを優先してリーフを飲みます。(でも種類によっては確かにリーフのが埃っぽくない)


紅茶といえば、結構味の種類にバリエーションがありますね。私もそこまで詳しくないですが、大雑把に思いついたのでは「ダージリン」「セイロン」「アールグレイ」「アッサム」など。この辺は産地も関係していますが、それぞれで飲みやすさや場面が違うのでけっこう面白いです。この中では、アッサムがだいたいどのブランドでも外れない気がします。


ちなみに個人的にとっても好きな茶葉はこちら。

ルピシアの「ユニオンジャック」。
味は本当に定番の紅茶。特別なヒネリがない、青臭さもない、フレーバーではない、ごくごくシンプルな「美味しい」ブラックティーです。イギリスで親しまれてる味と言われてますが、実際にイギリスに行ったことがないのでわからないです。ただ、私は「どんな時もこの茶葉は確実に美味しく飲める」ので好きです。
ミルクティーにしたい時は、ミルクを足しても美味しい。レモンティーにしたい時は、レモンを入れても美味しい。砂糖はあってもなくても美味しい。本当にどんな飲み方でもできる紅茶だと思います。

スーパーでも売っているものでお安くするなら、日東のデイリークラブが良いです。ティーバッグが50袋入りで500円ちょっとなので、ティーバッグで気軽に淹れたい時に便利です。特に、職場で持ってきた紅茶を飲みきった時、机の引き出しに淹れておけば、給湯器で魔法瓶にパックと砂糖とお湯を入れれば美味しい紅茶ができあがります。1日1回使うとしたら、1ヶ月半は持つので、コスパもなかなか良いです。


ちなみに他の分野にもいえますが、紅茶は高ければ美味しいわけじゃないです。どちらかというと「そのブランドで使っている香料」が合う合わないの鍵になり、特にフレーバーはピンキリなので慎重に選ばないと失敗します。私の場合、1缶2000円↑の大手ブランドのアップルティーが飲みきれないほどダメで、その後も同ブランドの別サンプルを嗅いだりしても例のアップルティーと同じニオイを感じたので、たぶんブランド自体が私に合わないんだと思います。そういうものです。

そんな感じ。暇あったら、紅茶ごとのレビューとかもしてみます。



おまけ。

夕暮れ色のナナちゃん。最近この子が実は男の子なんじゃないかと疑っています。
PR

コメント

プロフィール

HN:
もにん
性別:
非公開
自己紹介:
趣味の絵描き。創作キャラとかは追々あげるかもしれないですが、今のところはツイッターで二次創作を主に。

あと英語圏出身なので、ある程度なら英語がわかります。


当ブログはリンクフリーです。報告していただけるとなお嬉しいです(・ω・)ノ

忍者カウンター